indonesia

誰かとかぶりたくない人必見!あまり知られていない、ハイプなインドネシア発のストリートブランド3選

ストリートシーンで東南アジアに注目したことはありますか?アジア圏だと日本はもちろん、韓国などのストリートブランドはご存知の方も多いはず。
今、じわじわキテいるのがインドネシアの首都ジャカルタから生まれているブランド。インドネシアといえばバリなどのリゾート、年中夏の格好…というイメージも強いと思いますが、都市のジャカルタではストリートファッションシーンもアツい!
そこで今こそ注目しておきたいインドネシア・ジャカルタ発の人気ストリートブランドを3つをご紹介します。

1#Public Culture

2015年にジャカルタにて誕生した新鋭ストリートレーベルPublic Culture(パブリックカルチャー)。海外のHYPEBEASTでは何度か取り上げられており、海外のストリートシーンでは注目されているブランドの一つです。
『パブリックカルチャーは若い最先端の世代へ向けたブランド。何をしようが、何を着ようがルールはない。』という、自由にというのがコンセプト。
現在店舗はインドネシアのジャカルタとバンドンの2箇所にあります。MENSとWOMENS両方あります。

まだ日本未入荷ですが、ネットからは購入できるのでぜひチェックを!
Public Culture WEB SHOP>>>

2#DEVÁ STATES

DEVÁ STATES (ディーヴァ ステイツ)は2015年D.I.Y.をコンセプトにインドネシアのジャカルタにて誕生したストリートウェアブランド。反体制的なマインドを美学とし、そのマインドを激しいグラフィックに落とし込み展開しています。

パンクやロックから得たインスピレーションを落とし込んだ数々の独創的なグラフィックアイテムを展開。奇的でホラーテイストなグラフィックを特徴とするBOW3RYや、新世代インディペンデントブランドLOOPY HOTELX-girl等、旬なストリートブランドとのコラボレーションアイテムをリリース。メッセージ性の強いグラフィックが各国の高感度セレクトショップのバイヤーたちに評価され、現在注目を集めています。


2018年のSPRING/SUMMERコレクションからは、「DOVER STREET MARKET(ドーバーストリートマーケット)」のシンガポール、ロンドン、ニューヨークでも取り扱いがスタートしました。(残念ながら日本にDSMには入らず。。)
現在日本では東京のESTNATIONVENTURERにて正式に取り扱いがあります。こちらも男女共に展開があります。

オンラインストアでは日本発送もしてくれます!
DEVÁ STATES WEB SHOP>>>

3#DOMINATE

インドネシアジャカルタ発のブランドDominate Jakarta(ドゥミネート ジャカルタ)
インドネシアのジャズミュージックの先駆者・Fariz RM(ファリス・ロスタム・ムナフ)をモデルに起用したり、最近ではテクニカルグッズやバックメーカーの ORBITGear(オービットギアー)とコラボをしたりしています。デザインはモノトーンやアースカラー、ミリタリー系などシンプルな色味がメインです。
こちらも上記2ブランドに加えて、今ジャカルタで注目されて来ているブランドの一つです。


– – –
東南アジアのアパレルのイメージはなかなかなかったと思いますが、インドネシアのストリートシーンもじわじわ世界からも注目されて来ています。日本の各セレクトショップで取り扱いする前に、オンラインショップで先取りすれば、誰とも被らないかも!?
先取りしたい方は今後も注目してくださいね。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る