washing

あなたのお気に入りの夏服、来年も着れる? 秋冬服にチェンジする時の簡単に夏服を保管する方法。

11月に入り、やっと本格的な秋冬服に衣替えする季節がやってきました。もうすでにみなさんアウターは出してますよね。
秋冬服準備と共に、もう今年は出番がない、夏に着ていたタンクトップやTシャツなど、みなさんはどのように収納していますか?意外と知らない夏服の保管方法。特に気に入って着ていたTシャツが次のシーズンに黄ばんでしまっていた、、カビていた、、、ってことは経験ありませんか?
今回は秋冬服準備の前に、夏服を大切に保管しておく方法を教えます。

-夏服をそのまま保管したらよくない理由-

tshirt
– – –
・汗ジミが洗濯機で洗っててもちゃんと落ちてないと黄ばんでしまう
・しっかり乾いていないで収納すると嫌なにおいが残ってしまう

– – –
意外と洗濯した!と思っていても、洗剤は汚れているところに強く反応するものなので、その時に汚れが薄いものや、洗剤の入れる割合が洗濯物の量に対して少ない時は洗えてるようでちゃんと洗えてない事がほとんど。そうなると、翌年着るときに落ちないシミになってしまいます。
また、乾かす時も部屋干しの時は乾いているようで100%乾ききってないで収納してしまうと、においが残ったり、服が傷んでしまう原因となるので、できたら天気のいい時や長めに干す、など対策が必要なんです。

-洗濯方法-

washing

手洗いは面倒!!それ、ものすごくわかります。なので超繊細な素材のものは別になりますが、洗濯機でできるものをご紹介しますね。
– – –
<1-汚れを落とす>

皮脂や汗がつきやすい襟や脇に中性洗剤をなじませてから洗濯をするようにします。使う水は、残り湯ではなく、必ずきれいな水を使って洗ってくださいね。
そのほかにも、気になる汚れに合わせたこのような洗濯方法があります。

-夏服全体の汚れが気になる場合
全体の汚れが気になる場合は、洗濯をするときの半分の水に通常の洗濯で使う量の洗濯洗剤(衣類にあったもの)を入れ、約1時間ほどつけておきます。そのあとは、通常の水量まで水を足して、そのまま洗濯機で洗濯をしましょう。

-夏服が薄く黄ばんできた汚れの場合
白地のコットンやポリエステルの生地で夏服の黄ばみが気になる場合は、粉末の酸素系漂白剤を使いましょう。50度のお湯に洗剤を溶かし、黄ばんだ個所を20分ほどつけるだけです。頑固な黄ばみでも、汚れ始めでしたらこの方法で黄ばみを落とすことができます。

★強い汚れには・・・
使う洗剤は粉末洗剤。液体洗剤より洗浄力が高いんです。水やぬるま湯で溶かしてから使いましょう。
40℃くらいのお湯に粉末洗剤を溶かしてつけ置き30分。すでに黄ばみが出ている場合は粉末のワイドハイターを併用しましょう。
その後洗濯機のドライコースや手洗いコースですすぎ2回以上して、脱水1分以内で。

<2-きちんと乾かす>

洗濯後は、シワにならないように繊維を伸ばしてしっかり乾かしてから収納しましょう。夏服をしっかり乾燥させることで、カビや黄ばみを防止します。
もし洗濯しても汚れが落ちない場合には、収納前にクリーニング店を利用するのもひとつ方法です。

-収納方法-

storing
<1-たたみ方>
夏服のたたみ方は、衣替えといった長期での収納の場合、大きめにゆったりとたたむことがポイント。
やさしくたたんで、ぎゅうぎゅうと詰め込み過ぎないようにしてたたみシワを予防しましょう。たたんだ夏服は立たせるように収納すると、見やすく虫食い予防に効果があります。

<2-防虫剤/除湿剤の使用>
洗濯とあわせて防虫剤や除湿剤を使うことで、虫食い予防の効果をアップさせましょう。色んな素材を混ぜて収納する際は
一番上に絹・カシミア製品
真ん中にウール・化繊製品
一番下に綿・麻製品の順にしまいましょう。湿気は下にたまりやすいので、デリケートなものを上の方へ、湿気に強いものを下の方にしたほうが良いのです。
そして防虫剤やは空気よりも重く下へ下がるため、よく収納の隅っこに置きがちですが「たたんだ夏服の一番上にのせる」が、正しい使い方です。


大事なPOINTは
『しっかり洗う、しっかり乾かす』
この2つをしっかりやれば、来年も気持ちよく夏服が着れますよ!おしゃれももちろん、長く着れるようにお洋服のお手入れも丁寧にしてあげましょう。
その他のお手入れ方法も気になる!と言う方はこちら洗濯王子こと洗濯家の中村祐一さんのSNSアカウントに簡単なアパレル用品のお手入れ方法が記載されているので、こちらもチェックしてくださいね!
洗濯王子 instagram>>>

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る