kith

あのハイブランドともコラボを果たした、ストリートでは外せないブランド「KITH」

ストリートではマストなブランドKITH(キース)。
9月6日のニューヨーク現地時間に第3回目となる2018FW『KITH PARK』ファッションショーをニューヨーク・ファッションウィーク期間中に開催されました。

こちらがそのコレクションの様子のショートムービー。

今回はKITHにクローズアップ。

◆BRAND PROFILE

2011年、アメリカのスニーカー業界において絶大な影響力を持つデザイナーの Ronnie Fieg(ロニー・フィーグ)が率いる、ニューヨークのセレクトショップ兼そのオリジナルアイテムを扱っています。
KITHには「顧客には支払った物以上の価値を与えたい」という理念を持っています。
デザイナーのRonnie Fiegは、ニューヨーク州のクイーンズ出身。12歳の時に、ニューヨークのシューズショップ「David Z」の品出し要員の仕事をし、これを機にフットウェアの道に入る。熱心に働いたことから、セールススタッフからアシスタントマネージャーに昇格。間もなくヘッドバイヤーの地位まで上り詰めました。
KITHがデビューしてすぐにニューヨークでは有名になり、ニューヨークのストリートでは欠かせないブランドとなっています。
現在店舗はニューヨーク、ロサンゼルス、マイアミのアメリカのみに6店舗構えています。

店舗はスニーカーがぶら下がっている、思わず写真を撮りたくなる店内です。
この各店舗の内装は、アバンギャルドなデザインを提案することで有名な、「Snarkitecture(スナーキテクチャー)」との共同により、革新的でまた洗練された店舗空間を造っています。
2015年には子供の頃からの夢だったシリアルバーを20年間構想し続け、ニューヨークに初となるシリアルバーをオープンさせました。
そして2017年に日本にも「KITH treats」というラインで1店舗が渋谷にあり、先日1周年を迎えました。

こちらはアメリカに5店舗あり、アメリカ以外は日本のみの店舗でとてもレアです。少しアパレルも取り扱っていますが、アイスクリームがメインの店舗になります。
期間限定もあるので、立ち寄った時はぜひご賞味くださいね。

◆2018FW RUNWAY


今回のランウェイでは、盛りだくさんのコラボがお披露目となりました。

Tommy Hilfiger(トミー・ヒルフィガー)
Greg Lauren(グレッグ・ローレン)
Versace(ヴェルサーチ)
Advisory Board Crystals(アドヴィサリー ボード クリスタル)
Converse(コンバース)
Vans(ヴァンズ)
mastermind JAPAN(マスターマインド ジャパン)

以前もOff white, Coca Cola, Columbiaなどといったブランドともコラボをしていますが、今回は更に多くのコラボを実現。このコラボの数の多さ、ブランドの幅広さから、多方面から絶大な信頼と注目を浴びているのがわかります。
特に注目したいのはVERSACEとのコラボ。
今回のデザインはデザイナーロニーの記憶をたどり、イタリアの同老舗ラグジュアリーブランドを買う余裕がなかった若き母を着想源にしたそう。また、本コラボではDonatella Versace(ドナテッラ・ヴェルサーチ)と密にやりとりしてデザインを進めて生産もイタリアにあるVersaceの工場を使用しているのだとか。

すでにドロップされて販売中なのが、Tommyとのコラボ。
ジャケットもダブルネームで入っています。

コラボ以外にも、セレクトショップなので今ハイプなブランドを多数取り揃えています。
OFF White,ALYX,Makavelicや以前紹介したブランドMISBHVも取り扱っています。

現在日本で正式にKITHを取り扱っているオンラインショップはないが、KITHの海外オンラインショップでは購入できるそうなので、今後出る新作も目を離さずにチェックしておきたいブランドです。

KITH Website>>>

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る